【看護師求人の失敗しない選び方】高収入・好条件ナースを調査!

MENU

【看護師求人の失敗しない選び方】高収入・好条件ナースを調査!

看護師求人を利用するのが賢い方法!

転職活動において、看護師などの専門職でも求人サイトを利用する人が多くなりました。

看護師求人サイトとは?
看護師求人サイトは看護師や助産師、保健師などの医療関係の専門職の求人情報を取扱っているサイトであり、インターネット上ではいくつかのサイトがサービスを提供しています。
看護師専門求人は、利用料が無料

看護師求人サイトはほとんどが気軽に会員登録をすることが出来、会費などを無料としていることろが多いです。
>>おすすめの看護師求人はこちら

 

看護師求人を利用するメリット

探しやすい

求人を実際に探す際に、看護師や助産師など職種を選択したり、職種を選択したりと条件を指定して仕事探しが出来るので、自分に合っている仕事を探しやすくなっています。

  • 未経験でも応募することが出来る求人
  • (新卒の方など)

  • こだわり条件での検索をすることが出来る求人
  • (休みが多い職場や駅から近い職場など)

  • 担当業務ごとに仕事探しが出来る求人
  • (自分のこれまでの医療現場での経験を直接活かす事が出来るような仕事)

なども探すことが可能な看護師求人サイトも多くあります。

自分の希望に近い求人を簡単に探すことができるのでとても便利♪

リアルタイムの情報

多くの求人サイトやハローワークなどと違い、未公開の好条件求人や、リアルタイムな求人情報をチェックすることが出来ます!

交渉が有利

直接、聞きづらいことは看護師求人エージェントを通して聞いてもらうことが出来ます!
また、条件の交渉などもエージェントを通して交渉してもらうことができるので有利!

看護師求人の失敗しない選び方

求人数が多く、評判の良い看護師求人サイトを紹介します。

無料で会員登録して利用することが出来るので、実際にいくつかのサイトに同時に登録してみて、比較検討するのがおすすめ♪

おすすめの看護師求人はココ!

看護のお仕事

サービス満足度1位、コンサルタントの対応満足度1位などを獲得している看護のお仕事♪

ナースではたらこ

ディップが運営している「ナースではたらこ」

マイナビ看護

看護師求人を探す

条件で探す
  • 夜勤なし
  • 残業少なめ
  • 早番・遅番なし

など、働く条件で探したい人はこちら

業種で探す
  • 夜勤/常勤/非常勤
  • 治験コーディネーター
  • フィールドナース

など、業種で探したい人はこちらから

資格で探す
  • 正看護師/准看護師/看護助手
  • 保健師
  • 助産師

など、資格で探したい人はこちらから

診療科目で探す
  • 外科/皮膚科/内科
  • 小児科/産科

など、診療科目で探したい人はこちらから

 

おすすめの看護師求人はココ!

看護のお仕事
サービス満足度1位、コンサルタントの対応満足度1位などを獲得している看護のお仕事♪
ナースではたらこ
ディップが運営している「ナースではたらこ」
マイナビ看護

ありがとう。と言う言葉はとても良いことばです。それは感謝を表しているからです。
この言葉を多く言われると言うことは、人から必要とされていると言うことに繋がります。
そしてそれが生きがいのもなる場合もあります。そのような感謝の言葉を多く言われる職業としては、
看護師の存在があります。私も病院に入院した経験がありますが何回この人達にありがとう。を言ったでしょう。
それは検温や、血圧を測ってくれた時や、点滴を替えてくれた時、いろいろと気遣ってくれた時など、数えきれません。
やはり看護師は患者に一番寄り添っている存在ですから、
それも当然のことかもしれません。ですが看護師と言う仕事はとてもハードで気苦労の多い仕事でもあります。
ですからこの生きがいを糧に頑張って働いて欲しいと言うエールを送りたいと思います
看護師さんのお世話になるのは誰もが経験する事でしょう。先日、ついに看護師さんのお世話になってしまいました。私自身は今迄に大病を患った経験が無く、大きな怪我もしなかったので、生まれてから一度も入院をした事が無かったです。しかし、そんな幸運も長くは続かないもので、会社の健康診断で引っ掛かってしまい、検査入院を告げられてしまいました。検査入院は数日で終わるものでしたので、大変なものでは無かったですし、苦痛なものでもありませんでした。
でも入院中は暇で退屈でしたので、看護師さんを捉まえて話し相手になってもらいました。私の暇潰しの相手をさせられた看護師さんは嫌な顔を一つもせずに付き合ってくれましたので、とても有り難かったです。
友人から聞いた、当時付き合っていた看護士(女性)の話です。
大きな病院で勤務しており、シフトによっては夜勤もあり、所属していた科のせいもあり、必ずしもすべての人が病気が治って退院できるわけではないため、ストレスが非常にかかる仕事であったようです。そのせいか、休みの日や勤務後に時間があると、カラオケに行く事が多かったそうです。
また、その人は血管フェチだったそうです。注射や点滴をすることが多いため、人の腕をみると、ついつい肘や前腕部の血管を見てしまうそうです。しっかりと浮き上がっている血管を見ると、「あぁ、針を刺したい(萌)」と思ってしまい、知り合いの人が好みの血管をしていると、触らせてもらうこともあったそうです。

特集W1_top1